vioの脱毛処理事情アンダーヘアどうしてる?

デリケートゾーンのムダ毛の処理方法は?自己処理VS脱毛サロン・クリニック

彼氏ビックリ体験談

【アンダーヘアの量がすご過ぎ】ウイッグのような陰毛にぶったまげた~

僕は現在28歳の会社員ですが、初めて出来た彼女と初体験の時に残念の事がありました。当時、僕は20歳で初めて出来た彼女は27歳のOLさんでした。僕らは、出会い系サイトで出会って仲良くなり付き合いました。

その女性が僕にとっての初めて彼女でした。彼女は僕より年上で、恋愛を知らない僕を常にリードしてくれて頼りになる彼女で、信頼と好意を寄せていました。そんな彼女と食事などデートを重ねて、手を繋いで、キスをしてと段階を順調に踏んで行きました。

そしてついに僕らはsexをする事になったのです。僕にとっては初体験でした。そしてホテルに行き、お互い別々にシャワーを浴びていざっていう時です。彼女がパンツを脱ぐとギョッとしました。それは彼女のアンダーヘアが、ものすごい量だったのです。

僕は女性経験はありませんでしたがアダルトビデオなどを見ていたから、なんとなくは知っていました。しかし、こんな多量のアンダーヘアは見た事はありませんでした。

ウィッグでもつけてるのかというほど量が多く、形が丸いんです。小さいボールでも一個あるような。しかし、僕は何も言えずにそのまま行為におよびました。これが僕の初の彼女との体験談。

【抜けたアンダーヘアが口の中に】お手入れはエチケットじゃない?

私は22歳、ゲームデバッグのテスターです。現在20歳の女性とお付き合いをしています。セックスしていた時の話ですが、彼女はアンダーヘアに関しては特別な手入れはしていませんでした。その為、アンダーヘアが多いと邪魔になってしまう事も多いです。

AVでよくある顔を埋めて舐めようと思っても、アンダーヘアに阻まれて上手く責められない事もありました。また陰毛が口の中に入り少し不快でもあります。実際に行為中、彼女のアンダーヘアが抜けて口の中に入っていて気持ちが悪いと思いました。それはパートナーも同じ事を思っていたかもしれないですが・・・。

アンダーヘアが全くないのはどうかと思いますが多少手入れをするのはエチケットではないかと思います。

【毛深そうな女性が苦手に】アンダーヘアの自己処理くらいして欲しいよ

私は当時23歳会社員、彼女は19歳大学生でした。彼女は整った顔立ちで眉毛もしっかりしており髪の毛も今までに付き合った女性の中では1番硬く男性なら薄毛とは無縁な髪質だなと思います。となるとアソコの毛も…と若干警戒していましたがいざSEXをする時その不安はみごとに的中しました。

なんと表現していいのか、下着の上から触るとワサワサと髪の毛を触るに近い感触があり興奮状態だった私はそこで少し我に返りました。でも今さら中断するわけにもいかず下着を脱がし愛撫しようと試みましたがアンダーヘアが邪魔をして性器に到達できないのです。強引にしようものなら陰毛が口に入り気分が悪くなりそれどころではありません。

そこで私は剃るという選択をとりました。そしてその場は気持ちよく終えることができましたが彼女自身が普段から自己処理をせず数ヶ月後にはまたしても綺麗に生えそろったアンダーヘアに…それを境に彼女とはだんだんと距離をおくようになってしまいました。そして今現在恋人はおりませんが外見でなんとなく毛深そうな女性は敬遠しがちになっています。

-彼氏ビックリ体験談

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【パイパンは色気を感じない】アンダーヘアが1本もないなんて寂しい

私(現在33歳、営業職)が27歳の時に付き合ってい彼女(同じく27歳)が、アンダーヘアを脱毛していたのですが・・。個人的には、すごく残念な気持ちになりました。なんというか、毛が一本もないというのは、い …

アジア人は陰毛があった方がセクシー【パイパンは子供みたい】

私の年齢は39歳男性、建築作業員。当時35歳、建築作業員で相手は30歳です。女性でのアンダーヘアですが私のお付き合いする彼女は、パイパンでした。 私が経験してきた中で35歳になってはじめて全処理してい …

【伸び放題のアンダーヘア】クシャミ連発!短くしといてよね~

半導体部品を製造している工場の作業員である25歳の私には、年齢が同じパートナーがいます。実は一年前、つまり私たちが24歳だったころにパートナーのアンダーヘアにまつわる少し面白い体験をしました。 誰かに …

【ジャングルのような陰毛に唖然】Hしたくない

自分は現役大学生で、彼女も現役大学生。見た目は上戸彩似でなかなかかわいく、おしゃれで、性格もいい子で自慢の彼女です。 付き合って3ヶ月が経ったその日。記念日と言う事で、彼女の家に行ってお祝いすることに …

error: Content is protected !!