vioの脱毛処理事情アンダーヘアどうしてる?

デリケートゾーンのムダ毛の処理方法は?自己処理VS脱毛サロン・クリニック

みんなのアンダーヘアお手入れ方法

アンダーヘアはお金をかけずにコスパ最強の毛抜きで処理!

私は、29歳、子供2人いる専業主婦です。独身時代の頃のアンダーヘアの処理の仕方を説明します。

vio脱毛に20万円なんて大金を払えない!自分で処理するしかないわ!

私は、とてもアンダーヘアについてコンプレックスをもっていました。理由は、毛の量が多かったからです。

脱毛クリニックなどに通うのも考えましたが、金額がとても高いと聞きました。私が聞いたところは20万円くらいするところでした。私はできるだけ、お金をかけないやり方でアンダーヘアの処理をしたかったので自己流のやり方で処理をすることにきめました。

私は、敏感肌なのでカミソリでよくまけていました。カミソリでそりすぎると皮膚が赤くなっていました。なので、私はハサミできることにしました。長さをまず調整をして好きな長さにきります。そうするだけでも今まで量が多かったのでかなり薄くなったような気がします。

アンダーヘアの処理は、よく剃ったり除毛クリームを使う人が多いと聞きますが、ハサミできって揃えるのもいいと思いますよ。長さを整えてから余ったところをカミソリで剃り落とします。そうすることで薄くもなり、短くもなり、ちょうどいいです。

初回はハサミとカミソリ。次からは毛抜きで抜くサイクルで!

処理の頻度としては、半月に一度の程度ですね。あんまり伸びないのでこれくらいでちょうどいいような気がします。また、次に伸びてくるときは毛抜きで抜いています。伸び始めは短い毛が生えてきますので毛抜きで抜くと気持ちがいいです。

スポンサーリンク

カミソリで短い毛を無理やり剃ってしまうと赤みが出て、痒くなったことが何回もありました。なので、できるだけカミソリで剃り落とすのはしないようにはしています。

最初の一度だけは、ハサミとカミソリで調整をしそれから半月に一度、毛抜きで抜いていくことを続けています。そうすると、ちょうどいい頻度な気がします。

毛抜きで抜くとツルツルしてる♪カミソリとは全然違うよ!

カミソリで剃っていたときに肌が負けてしまったときは、ボディクリームを塗っていました。赤みがひくまでは、朝晩と二回は塗っていました。カミソリの使用をやめてからは、赤みが出なくなりボディクリームもぬらなくてよくなりました。

やはり、人それぞれ肌質もあるので自分が何肌なのかをしっておく必要があるなと思いました。敏感肌の人は、カミソリまけする可能性がとても高いと思います。

デリケート部分なので痒くなるとすごく辛いですよね。何をしていても集中できないというか。なので、ハサミと毛抜きを使った処理に落ち着きました。手軽に処理もできます。そして、ツルツルした感じにもなりカミソリで剃ったあとのようにザラザラしないので気持ちがいいですよ。また、一度抜けば、しばらくは生えきません。

スポンサーリンク

-みんなのアンダーヘアお手入れ方法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アンダーヘア 伸び放題

アンダーヘアの処理って主婦になったらどーでもいいかも?

今年は出産し水着になることはなくなったのでアンダーヘアの処理に頭を悩ませる必要はないけれど…若い頃は夏場のムダ毛処理に必死だった。 ムダ毛処理はお金をかけずにプチプラアイテムで! 今年で三十路を迎え、 …

彼から「アソコの毛が長い」と言われた!お手入れはハサミでカットのみ!

29歳事務員です。なぜアンダーヘアを処理をしようと思ったかというと、昔付き合っていた彼氏に「ちょっとアソコの毛が長くない?」と言われたことがきっかけです。 Oラインの毛が伸びてきたら怖いくらい痒みに襲 …

【カミソリであそこのムダ毛脱毛処理はNG】Panasonicフェリエ愛用中♡

26歳の専業主婦です。アンダーヘアは中学2年の頃からうっすら生え始め、高校に入った時には完全に生え揃っていました。私は髪の毛の量も多く、スネ毛や陰毛が剛毛なことが悩みだったのですが、永久脱毛に行くのは …

vioのムダ毛処理は男子もする時代?慌ててお手入れスタート!

私は31歳、主婦、パート勤務でデスクワークをしている者です。 今どき男子もアンダーヘアのお手入れしてる?何もしていない私って… 私がデリケートゾーンの自己処理をしようと思ったのは、パート先の飲み会でち …

ミュゼでvio脱毛6回したけど減ったのは半分ほど…結局自己処理が必要に

31歳、現在はパートしている主婦です。以前から脱毛には興味がありました。会社に入社当時、綺麗なお姉様方(先輩)はみんな脱毛はサロンに通ってお手入れをて私も行ってみたいとは思っていましたがハードルが高く …

error: Content is protected !!